授乳中のダイエットを意識したおやつ、何がいい?

授乳中は栄養プラスのダイエット食が○

産後ダイエットは多くのママが気になることですが、授乳中に気を配りたいのは、カロリーセーブよりも栄養補給が先決ですよね。
母乳をあげている分おなかがすきやすい授乳期ですが、おやつを選ぶ時にも「カロリー」よりも「栄養補給できるか?」を考えて選ぶことが大切です。
もちろん菓子パンやスナック菓子をパクパク毎日食べてしまうのはよろしくありませんが、「食べない」のでははなく、「何を選ぶか」で、断乳後に産後ダイエットを本格的に始めたいという人にもプラスになるのは間違いありません。
例えば青汁は鉄分、葉酸、カルシウム、ビタミンといった授乳中に摂りたい栄養素を補うことができますよね。
これをヨーグルトと混ぜ合わせることで、乳酸菌やカルシウムをプラスすることができます。
成長の早い赤ちゃんのためにもカルシウムや鉄分は積極的に摂りたい栄養素です。
また、食物繊維も豊富な青汁は授乳期のお母さんに多い便秘の解消にも役立ってくれます。
こんにゃくゼリーなどでカロリーを控えるのもいいですが、栄養バランスという視点からおやつを選んでみるのも赤ちゃんとママにプラスに働いてくれます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ