授乳中も飲めるダイエット茶 本気痩せ体質づくりにぴったり

授乳中のダイエットにおすすめのお茶

「いらないものは出す!」が美容・ダイエットの基本!

産後、とくに母乳育児の場合、無理せずに痩せられる人がいる一方、なかなか体重が減らない人もいます。

産後ダイエットのしやすさは、代謝機能に大きく影響されます。体重・体型を戻すためには、出産後早めにダイエットを始めるのが鉄則です。

そうはいっても、産後の体調や育児による疲労・多忙などで、なかなかダイエットが思うようにできない人も多いのでは?

なかなか痩せにくい人や産後太りが気になる人のダイエットの基本は、「まずはいらないものをしっかり出す」ということです。
とくに女性に多く見られる便秘は、下腹部ぽっこりの元となるだけでなく、体内に長時間ある老廃物が腐敗し、毒素が全身に行きることで肌の状態や代謝機能にも悪影響を与えてしまう原因となります。

健康的に美しく痩せることと同時に、リバウンド知らずの「やせぐせボディ」を育てるためにも、習慣づきやすい「お茶」をダイエットの味方につけるのはおすすめです。

産後(授乳中)のダイエット茶を選ぶときには要チェック!

  • 授乳中は無理に「出す」ようなものはNG!(キャンドルブッシュなどは避けましょう
  • 妊娠中・授乳中でも安心して飲めるものが◎(ママ&プレママの利用者さんが多いものが◎)
  • ストレスのたまりやすい時期、おいしくホッとできる味のものを

授乳中も安心 おすすめのダイエット茶ランキング

  1. ダイエットプーアル茶

    ダイエットプーアル茶

    身体に優しいプーアル茶は産後ダイエットのお供にぴったり。妊娠中や授乳中でも安心して飲むことができます。
    食べるのが好き、スイーツが好き、という人には特におすすめのお茶です。

    小まめな水分補給が必須の授乳中。このダイエットプーアル茶をポットに作っておいて、気が付いたときに飲めるのもGood!
    ポット1杯あたり62円と経済的なのもうれしいですね。

    飲みにくさや苦みもなく、ダイエットのために飲んでいるというのは忘れてしまうほど、おいしく続けられるのも人気のポイント。

    初めての人も12日分のお試しセットや30日間返品・返金保証があるので安心して始めることができます。

    ダイエットプーアル茶

    ダイエットプーアル茶

    お試し価格:970円(12包)

    通常価格:4,262円2,916円(35包)

    送料無料・返金保証・返送料メーカー負担

    「ダイエットプーアール茶」 公式サイトでチェック!

  2. 神仙桑抹茶ゴールド

    神仙桑抹茶ゴールド

    お茶屋さんが作った、味は抹茶そのもののおいしい桑抹茶青汁です。
    桑の葉には糖をブロックする働きがあるだけでなく、鉄分やカルシウムといった授乳中に不足しがちな栄養素が豊富に含まれています。

    食品添加物を一切加えずに無添加で作られた桑抹茶は妊娠中や授乳中の利用者さんも多く、苦みを抑えた抹茶風味の味は、牛乳やヨーグルトとの相性も抜群。ちびっこのおやつにも最適です。

    初回購入時にはすぐに飲めるシェーカー、スッキリ3点セット、おまけの10包がついているほか、全額返金保証もついているので、青汁初心者さんでも安心です。

    60包入りと90包入りがあり、家族みんなで利用したい人にもおすすめです。

    神仙桑抹茶ゴールド

    神仙桑抹茶ゴールド

    通常価格:5,700円(60包) 8,000円(90包)

    定期購入:5,415円(60包) 7,200円(90包)

    定期購入で送料無料、返金保証あり

    「神仙桑抹茶ゴールド」 公式サイトでチェック!

  3. するっと抹茶

    するっと抹茶

    するっと抹茶は頑固なお腹やお腹の弱い人におすすめの配合です。
    グア豆・桑抹茶・てんさいを原料に作られた優しいお茶は、下剤成分や下剤系ハーブは一切使用していないため、妊娠中や授乳中でも安心して飲むことができます。

    腸の健康はお通じだけでなく、免疫力やメンタル面にも大きく影響しますから、善玉菌を増やして腸を整えることは美容・健康にもとても大切です。

    緑色のお抹茶ですがノンカフェイン。小さなお子さんも飲むことができます。

    初回の方限定の「はじめてセット」はプレゼントがついてとてもお得です。

    はじめてセット:1,800円(約10杯分)

    数量限定・送料無料

    「するっと抹茶」 公式サイトでチェック!

授乳中は「溜めない」「栄養重視」でダイエットボディを作ろう

妊娠前~妊娠中は「産んでも絶対美意識は高くいてやるぞ!」と思っていた方が多い反面、産後のダイエット意識は「こんなに子育てが忙しいなんて・・・自分のことはどうしても後回しだよな」という人と「それでも絶対スタイル戻して美ママ目指す!」という人、2通りに分かれます。
育児は想像以上に大変なこともたくさん。自分の時間はほとんど取れないですよね。
でも、だからこそ、生活にちょっとの工夫を取り入れて美意識を保つかどうかが「おばさん」にならずに済むかどうかの分かれ道とも言えます。
タレントさんやモデルさんのように自分のことに手間ひまをかけられる人は少ないですよね。
また母乳育児の場合、「1.お腹がすきやすい」「2.栄養をしっかり摂る必要がある」ことから、カロリーをセーブする置き換えダイエットなどの方法は断乳後まで実行できません。
授乳中に取り組みたいのは「できるだけ便秘は早めに克服し、『溜めない』をこころがけること」と「食事、小腹がすいたときや間食、おやつに食べるものは栄養重視で選ぶ」、この2つです。
たとえば青汁を利用すれば、おやつにヨーグルトと混ぜることで乳酸菌、食物繊維、ビタミン、鉄分、カルシウムなど、赤ちゃんにもお母さんにも嬉しい栄養素が補給できます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ